インフルエンザワクチン予約は終了いたしました。仕入れがあれば12月初めにアナウンスいたします。
クレジットカード、デビットカードでお支払い可能。
予約や紹介状なくても、その日に診察、MRI撮影します。
事前受付もします。事前受付・お問い合わせフォームに入力してください。
日本語苦手な方は英語対応いたします(Available in English)。

代表的な疾患、症状

"これは脳、脊髄の病気かな?"と思ったらご相談ください。

頭部外傷

脳は頭蓋骨に守られているため、かなりの衝撃にまで耐えることができます。 しかし当たり所により記憶が飛んでしまう脳しんとうを起こしたり、頭の中に出血する場合があります。 直後に異常がなくても数日から数か月後に頭の中に血液がたまることもあります。

脳卒中

脳血管の病気で、脳の血管が詰まる脳梗塞と血管が切れる脳内出血、くも膜下出血が代表的です。 麻痺やしびれ、めまい、視力障害、頭痛、記憶喪失、認知症状などいろんな症状があり早期の診断が大変重要です。 原因も生活習慣の乱れだけではなく、先天的な血管未発達や代謝異常、あるいは不整脈であったりと様々です。 また一度脳卒中になった方は再発も決して少なくはありませんから、生活習慣に十分気を配る必要があります。 MRIなどで脳動脈瘤や血管狭窄など偶然脳血管の病気が見つかることがあります。 これらには的確な治療方針がありますので専門医の診察が必須です。

てんかん

意識消失や記憶喪失、手足の震えがてんかんの症状であることがあります。 高齢化社会へと進む中、今までてんかんの既往がないのに突然発症する高齢者が増えています。 内服治療により多くの場合は通常の生活を送ることができます。

脳腫瘍

頭痛や見当識障害、麻痺、視野障害など、腫瘍のできる場所や大きさで症状も様々です。 腫瘍の種類により治療法も大きく変わります。 早急な治療が必要でない場合もありますし、治療を要する場合、信頼のおける病院への紹介が重要となります。

片頭痛

10代からの頭痛、近親者に頭痛持ちの方がいる、頭痛の前ぶれ症状がある、が典型的な症状ですが、当てはまらない場合もあります。 通常の頭痛薬が効果ない場合、片頭痛専用の内服薬、予防の内服薬などでコントロールを図ります。 筋収縮性頭痛も同時に存在している場合もあります。

認知症

高齢化社会ですでに大きな問題となっているのが認知症です。 上記のような疾患による認知症症状の場合と、アルツハイマー型認知症に代表されるような脳の変性による認知症があります。 確実に有効という治療法はまだありませんが、正常圧水頭症などは比較的簡単な手術で改善が期待できます。 正確な診断が必要です。

脊髄疾患

手足のしびれ、筋力低下の原因があたまではなく、頸椎腰椎および脊髄の疾患であることがしばしばあります。 変形性頚椎症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊髄腫瘍もMRIとXpの組み合わせにより正確な診断が可能です。 外科的治療までは必要ない場合がほとんどですが、外科的治療により劇的に症状が改善する場合もあります。

AtamaClinic

ご予約・受付時間・アクセス

  • T E L072-840-0929
  • F A X072-840-8109
  • 受付時間午前 9:00〜13:00 午後 15:00〜19:00(水曜、土曜は午前のみ)
  • 休診日日曜、祝日
  • 住 所〒573-1197 枚方市禁野本町1丁目16-5 グランドリス有馬1階(イズミヤ枚方店向かい)
    (京阪枚方市駅東口から徒歩7分、京阪宮之阪駅から徒歩7分)

MRI依頼検査のご案内

当院では、近隣の医療機関様からのMRI依頼検査を実施しております。 詳細は、「近隣医療施設のみなさまへMRI依頼検査のご案内」をご参照ください。

服部あたまクリニックからのお知らせ

  • 2018.10

    インフルエンザワクチン予約は終了いたしました。仕入れがあれば12月初めにアナウンスいたします。

  • 2017.12

    脳ドックを始めました。

  • 2017.11

    各種クレジットカード、デビットカードでの支払い可能になりました。

  • 2017.7

    平成29年7月1日新規開院しました。

  • 2017.5

    ホームページを開設しました。

トップへ戻る